「安定した仕事につきたい・・・。」

 

人材派遣の面接をやっていて思う事なのですが

今の目標は何ですか?と質問すると

『安定した仕事に就きたい』

と、答える人は非常に多いです。

 

気持ちはわからないでもないのですが、そもそも安定した仕事とはなんですか?

会社の資本金が多い?

年商の売り上げ?

従業員人数が多い?

創業年数?

 

 

意外にも、求職者に『安定した仕事』の定義を聞いても答えられない人が結構多いです。

その際、私ははっきりと言います。

「安定した仕事はない!!」

 

どんな会社でも時代の流れや周囲の環境で倒産する事はあり得ます。

仕事は「自分自身でスキルを蓄積するもの」だと、私は思います。

 

そもそもの話、安定した仕事に就きたいと言う人ほど

・今の仕事に納得していない。

・今の仕事の収入が少ない。

・何が自分に向いている仕事かわからない。

人が殆どです。

 

会社は従業員に対して対等な価値しか支払いません。

つまり「自分自身の価値を上げる」という意識を持つことが大切です。

 

 

ここ沖縄でも素晴らしい会社はいっぱいあります。

なので、貴方自身が「何が得意」で「何ができるのか」が大切であり、

それに対して会社は評価し、賃金を支払うのです。

今、必要な事は『自分のスキルの見直し』と『将来のビジョン』、『今後の目標設定』です。

ただ単に「安定した仕事に就きたい」だけでは何も始まりません!

今後のスキルアップをするためのビジョンを一緒に考えるのが

私たち人材派遣の「コーディネーター」の仕事です。

 

つまり私の役目は、

「安定した会社を紹介する」事ではなく

「どんな会社でも継続的に働ける仕事のスキルの蓄積をサポートする」事なのです。

 

それが求職者の望む「安定した仕事」につながるのだと思います。

 

 

 

 

(株)MINE PRO 代表取締役 伊志嶺 良太

2018-10-17T09:52:32+00:00